>  > 人妻の恥じらいこそ興奮材料

人妻の恥じらいこそ興奮材料

人妻はベッドの上で少々恥ずかしそうにオナニーをしていました。声を発しているもののどこか私の視線を気にしているのか完全に気持ち良くなれないようにも見えます。しかしその恥じらいが私にとって一番の興奮になり、あらためて人妻専門のデリヘルを頼んで良かったと思ったのです。一度フェラチオでいかされた私のJr.は人妻のオナニーでみるみる回復していき完全に勃起したことを確認すると私は人妻の上に重なりJr.は人妻の口へ、私の口は人妻のマンコへと合わせて69を始めたのです。恥ずかしさから解放された安堵感なのか人妻のフェラチオは1回目よりも吸引力が増しているように感じて、私も負けじと高速ベロでクリを責め立ててやったのです。人妻はその日一番のあえぎ声を発してビクンビクンと痙攣していったようです。唾液まみれになった私のJr.の方はいかせてもらっていないので最後は素股で決めたいとお願いすると人妻は少し微笑みながら何度かマンコに擦り付けながらローションと自分の愛液を混ぜ合わせているようにも見えました。デリヘルは人妻に限ると射精しながら思いました。

[ 2014-03-10 ]

カテゴリ: デリヘル体験談